脱毛サロンでのクーリングオフについての詳細

脱毛サロンにおけるクーリングオフについて

脱毛エステサロンでの「クーリングオフ」について覚えておくととても便利です。

 

脱毛エステサロンでのクーリングオフというのはフラッシュ脱毛(光脱毛)での脱毛施術(コース)の契約をしてしまった後からでも契約を破棄し、脱毛施術費用として支払っていたお金を全額返金してもらうことができるものです。

 

クーリングオフはしづらいと思われている方がとても多いようなのですがクーリングオフしたいときは、脱毛エステサロンに対して書面で通達するだけでOKなので店舗に出向いてスタッフの方と話をする必要もありませんし、電話などでやり取りをする必要もありません。

 

しかし、全ての場合においてクーリングオフが適用されるわけではありません。

 

このような場合にはクーリングオフができますよ、というのをご紹介したいと思います。

 

まずは、「やっぱりよく考えてみたら契約したことを後悔してしまった」「勧誘されて仕方なく契約してしまった」といった場合です。

 

とくにしつこい勧誘を受けたわけではないけど「ご契約されますか?」と聞かれ、つい「はい」と返事をしてしまったなんて方も実はとても多いんです。

 

コースで契約してしまった場合、決して安い金額ではありませんし、安い金額であっても必要のないお買い物はしませんよね?

 

それぞれの脱毛エステサロンによってクーリングオフが可能な条件などは異なりますので公式ホームページでチェックしたり、無料カウンセリングの時点でクーリングオフについてもしっかりと把握しておくと良いでしょう。

 

・契約をしてから8日目の消印まで有効
・契約した金額が¥50000以上
・契約した期間が1ヶ月以上

 

このような条件があります。

 

クーリングオフにはとくに決められた形式がないため「解約したい」という主旨を書面として送付するだけでOKです。

 

・契約した日付
・脱毛エステサロン名(店名)
・脱毛エステサロンの住所
・脱毛エステサロンの電話番号
・担当者の氏名
・契約した商品(全身脱毛6回コースなど)
・金額
【上記契約を解除します】
・ご自分の氏名
・ご自分の住所
・ご自分のでんわ番号
・返金してもらうお金を振り込むための口座情報

 

このような内容を書面にすると良いでしょう。

 

「契約を解除したいのですか可能でしょうか」などの曖昧な表現はNGです。

 

「契約を解除します」とはっきり相手に伝わるように書きましょう。

 

消印が契約した日から8日以内の書類であることがクーリングオフができる条件の中にありますが脱毛エステサロンに届く日が8日以内というわけではありませんから速達で送る必要はありませんし相手の受領の記録になる簡易書留で送付することがオススメです。

 

脱毛エステサロン側から連絡が入ることはないと思いますが契約が解除されたという確認は、口座に返金されていることを確認できれば契約が解除されたということです。